食事でしっかり摂取カロリーを抑えバランスのいい食事をしよう

肥満になると高血糖、高血圧などの原因になる可能性が高くなります。
やがて糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病につながる恐れがあります。
脂肪分、糖分の摂取をなるべく控えるようにして食物繊維やビタミンをたっぷり含んだ食べ物を積極的に食べるようにしましょう。

栄養のバランスがとれた低カロリーの食事をきちんと食べることが大切です。

肥満予防の食材

おから

おからは体脂肪になりやすい糖質や脂質の吸収を抑える作用があり、便秘の改善にも役立ちます。
食事前に食べれば余分な栄養の吸収も抑えてくれます。

他にオススメの食材:大豆、えんどう豆、シソ、よもぎ、いんげん豆など

卵は脂肪燃焼が高い上に腹持ちがいいので、積極的に食べていい食材です。
特に運動前に食べると必須アミノ酸と結びついて効果が倍増と言われています。

他にオススメの食材:卵黄、レバー、納豆、豆腐、ピーナッツなど

お茶

食後にカフェインの入ったお茶を飲むと、交感神経を刺激してアドレナリンが分泌されると言われています。
脂肪細胞の燃焼を促し、消化が早まります。

他にオススメの食材:栄養ドリンク、コーヒー、紅茶、ココアなど

マグロ

たんぱく質や脂肪の代謝を促進するビタミンですが、肝臓に脂肪が蓄積するのを抑えて、動脈硬化も予防します。
マグロは肌の老化も抑制してくれるのです。

他にオススメの食材:鶏ささみ、レバー、サケ、鶏肉、カツオ、ニンニクなど