• お問合せはこちら

最新情報

2016年2月6日
移動販売車を呼ぶ方法
屋外で映画を観ようという野外イベントに参加しました
先日、夜空の下で映画を観よう的な野外イベントのポスターを見かけました。ピクニックシート持参で参加してくださいと・・・
2016年1月30日
ケータリングカーの魅力
地元物産展におけるケータリングカーの活用事例
我が町では、毎年一度、主に地元の農産物を会場で販売する物産展を行っています。最近は町おこしが全国的に注目される・・・
2016年1月23日
ケータリングビジネス事情
ケータリングカーで人気のあるメニューベスト5
ケータリングカーは最近イベントや野球、サッカーなどのスタジアムグルメなどでよく見かけるようになりましたね。 種・・・
2016年1月16日
ケータリングビジネス事情
日本の昔ながらの野外イベントといえば花火大会
野外イベントとは、屋外で行われる催し物を指す言葉です。イベントの大小に関係なく、屋外で行われるものであれば野外・・・
2016年1月9日
移動販売車を呼ぶ方法
ケータリングカーを学校で利用した話
ケータリングカーを学校に呼んだというと、ちょっと意外に思われるかもしれません。ほとんどの場合は、イベント会場に・・・

屋外で映画を観ようという野外イベントに参加しました

先日、夜空の下で映画を観よう的な野外イベントのポスターを見かけました。ピクニックシート持参で参加してくださいというような触れ込みのイベントなのですが、なんともロマンチックな響きに引き込まれ、友達数人に声をかけてみると「行きたい」ということだったので、みんなで参加することにすることにしました。

夜空の下ということなので、ホラー映画なんかも面白そうだなとホラー好きな私は思ったのですが、恋愛ものの映画でした。恋愛ものの映画を上映するような野外イベントだったら、きっと周りはカップルだらけだろうね、なんて彼氏のいない私たちのグループは妬みにも似た嫉妬に駆られながらも参加に至ったわけです。

こういった企画に参加するのは初めてだったので、一体どんなものかと興味津々で現地に到着すると、大きなスクリーンがあるではありませんか。私達は早めの到着だったのですが、ピクニックシートを敷き、座っているとぱらぱらと人が集まってきました。

周囲を見回して驚いたことに、カップルと思われるような人達って、思いのほかいないんです。私達のような若い世代のグループでの参加が多く、しかも女性の割合が多かったように思います。

映画館での映画鑑賞と違い、みんな好きな姿勢でくつろぎながら映画を観ていました。気温も寒いわけでもなく、また暑いわけでもなく丁度よかったので、本当に良かったなと思いました。
食べ物も持ち込みOKなので、食べたり飲んだりしながら映画を楽しむのですが、うるさくなるわけでもなく、大人な映画鑑賞を楽しむことが出来ました。

映画鑑賞を目的とした野外イベントは、1年を通して開催できるものではないと思います。きっと、秋の夜長と言われるような限定された季節に星空の下ゆっくりとした時間を過ごすからこそ、楽しさもひとしおであり、とても有意義なひと時だと感じるのでしょう。
また、こんな企画の野外イベントがあったら絶対に参加したいと思えるような素敵なイベントでした。

地元物産展におけるケータリングカーの活用事例

我が町では、毎年一度、主に地元の農産物を会場で販売する物産展を行っています。最近は町おこしが全国的に注目されるようになっていますが、我が町の取り組みは先駆的であると自負しております。なぜならば、新鮮な野菜や魚を販売するのはもちろんですが、それを調理してお客様にお出しするという取り組みも行っているためです。ただ、最初のうちはなかなかうまくいかず、試行錯誤を繰り返さなければなりませんでした。それが成功するに至ったのは、ケータリングカーの活用が大きいと思っています。

この行事を開催するようになった当初は、ケータリングカーを使うこともなく、学校の体育館や公民館であったり、広い公園のような屋外の会場で、文字通り、ただ野菜や水産物を来訪者の方に販売するだけでした。その分コストは少なくすることができましたが、正直に言って、お客さんの入りが好調とは言えない状況でした。そこで、アンケートを取ったところ、会場で調理された食材を食べることができれば嬉しいというご意見があったのです。生の食材だけではなく、料理も販売することになりましたが、どうやって調理を行うかが問題となりました。

旅館やレストランの調理場を借りることも検討しましたが、先方に休業してもらわなければなりませんし、何より会場にできる場所が限られてしまいます。多くの人が自由に出入りできる場所で開催しなければ、物産展は盛り上がりません。そこで思いついたのが、ケータリングカーを利用する方法です。ケータリングカーであれば、駐車場さえ用意すればどこでも調理を行えますし、後片付けも簡単です。早速、その年の物産展から、手配を行うこととなりました。

肝心のお客様の反応ですが、予想以上に良好でした。やはり、できたての料理を会場で食べられるとなると、おいしさも倍増するようです。こんなにおいしい食材があるならば、ついでに買って帰ろうというお客さまも多くなっています。物産展を盛り上げるきっかけとなったケータリングカーには感謝しています。

ケータリングカーで人気のあるメニューベスト5

ケータリングカーは最近イベントや野球、サッカーなどのスタジアムグルメなどでよく見かけるようになりましたね。

種類も多彩になってきてこれから移動販売を始める人にはどういった流行りのメニューを販売すればいいかを迷っている人も多いと思います。
そこで今回はケータリングカーで販売しているメニューで最も人気のあるランキング5つをご紹介します。
(多分に独断と偏見が入っていますがご了承ください笑)

第5位 クレープ
クレープ屋さんは昔から都内のいたる所に小さな店構えで営業しているお店が沢山ありました。
それがキッチンカーの普及でどんどん屋外屋台に増えていったのがきっかけです。
何と言ってもクレープは調理がシンプルです。
クレープ生地を焼くプレートさえあればあとは生クリームとトッピング。
移動販売としても廃棄物が少なく材料費を抑えられるのもお店側としてメリットがあります。

第4位 たい焼き
たい焼きは古くからある食べあるきのスナックとして大定番ですよね。
最近ではもっちり生地の白たい焼きや夏用に冷やした状態でデザート感覚で食べられる冷やしたい焼きなども人気です。
昔からの定番と今風のアレンジで移動販売に根強い人気があります。
移動販売のフランチャイズ店でもかなりのお店が出店しているのもこれから始める人にとっても選択肢の有力な1つです。

第3位 ホットドック
屋台ではあまりありませんが、移動販売になるとランチ系でよく出店されて人気なのがホットドックです。
食べ歩きも出来てランチとしても楽しめるホットドックはサイドメニューでサラダなども組み合わせやすいのも移動販売としておすすめのポイントですね。

第2位 ラーメン
移動販売で人気なのは定番のラーメンです。
最近は路上の屋台のラーメンのお店の規制が厳しくなり、移動販売に転換しているお店も増えています。
それでも移動販売として続けているお店が多くあり、昔からあるラーメンは今も続いています。

第1位 たこ焼き
やはり屋台の代名詞といえばたこ焼きです。
たこ焼きといえば大阪ですが、神社のお祭りなどでは全国で食べることができ、その土地に合った生地や具に工夫が見られます。
競争も激しいですが、外れも少ない移動販売ですね。

このようにランキングを分析してみました。
初めてケータリングカーの移動販売を始める人の参考になればと思います。

日本の昔ながらの野外イベントといえば花火大会

野外イベントとは、屋外で行われる催し物を指す言葉です。イベントの大小に関係なく、屋外で行われるものであれば野外イベントと言い、日本人に親しみのある野外イベントとしては花火大会があります。花火大会のことを野外イベントとはあまり呼びませんが、これも立派な野外イベントの一つです。非日常的な空間で空に打ち上がる花火の数々は、私たち日本人の心をいつまでも虜にさせます。

花火大会と言えば屋台が付きものです。花火が打ち上げられるポイント周辺に出店される屋台の数々は、人々を陽気な気分にさせ、普段の生活では感じられないようなワクワク、ドキドキ感を与えてくれます。夜の街が屋台が放つ電光で照らされる景色にも風情があり、これぞ日本文化という印象を与えます。

屋台の定番といえば、夏場であればかき氷です。暑い日に、冷たいかき氷を口に頬張った時のなんとも言えない満足感は、暑い日だからこそ感じられる美味しさがあります。最近では、氷をそのまま砕く形ではなく、氷を薄くスライスして、ふんわりとした見た目と食感が感じられるかき氷も出てきています。
その他にも、たこ焼き、お好み焼き、焼きそばが屋台にはありますが、いつも食べ慣れているそれらの食べ物でも、花火大会や祭りのイベントで食べると違った美味しさがあり、ついつい匂いにつられて購入してしまうものです。

大都市で行われる花火大会には、公道を使用して地元の伝統の踊りを披露するイベントも開催される時があります。和太鼓を使用した迫力あるイベントや、地域によっては神輿を担ぐイベントも開催され、昔ながらの日本文化に触れられる貴重な空間となります。現代ではそのような地元の祭りに参加する人も減り、地域によっては消滅してしまっているイベントもあるようですが、日本人としては大事にしていきたい文化の一つでもあります。

ちなみに、花火の本当の魅力を知るには、花火が打ち上がるポイントのできるだけ近い場所で見る必要があります。場所取りなどをして近くで見たことがない人は、この魅力に気付けていないですが、真下で見る花火は言葉では言い表せない感動があります。

ケータリングカーを学校で利用した話

ケータリングカーを学校に呼んだというと、ちょっと意外に思われるかもしれません。ほとんどの場合は、イベント会場に来てもらって、お客さんに食べ物を売るという、屋台のような役割を果たすものですから。私たちは、夏祭りや文化祭などの出店としてケータリングカーを利用したわけではありません。私たちは保護者で、子供たちに料理を食べさせてあげたんです。具体的にはどういうことなのか、説明していきます。

私たちは小学校6年生の保護者でした。2月のことで、卒業が迫っていたのですが、PTAの席上で、あるお母さんが提案したことにより、小学校で簡単な卒業パーティーのようなものを開こうということになりました。公立小学校だったのですが、半分程度のお子さんは私立や国立の中学校に進学して、公立中学校に行く子たちとは会えなくなってしまうため、最後に思い出を作ってあげようということだったんです。たしかに、友達と別々の中学校に進学することを残念がっている子供たちが多かったですから、ほかの保護者から異論はありませんでした。

私もPTAの一員として参加したのでわかるのですが、準備には思った以上に時間がかかりました。まず、会場をセッティングしなければなりません。はじめはレストランを検討しましたが、いくら私立中学校に進学するといっても、まだ子供ですから、騒いでほかのお客さんに迷惑をかけてしまう心配があります。そこで、子供たちが通っていた小学校の教室をそのまま使うことになりました。ただ、私たちは料理を出したいと思っていたのですが、春休みは給食室が閉鎖されてしまうとのことです。お弁当では冷めてしまうおそれがあります。どうしようかと考えていると、ケータリングカーを使ってはどうかという提案がありました。

お父さんの中にイベントの企画のお仕事をなさっている方がいたので、ケータリングカーの手配はスムーズに進みました。予想通り、子供たちは元気に過ごしていましたが、ケータリングカーから運ばれる温かい料理を食べながら談笑したことで、一生忘れられない思い出ができたと思います。

ケータリングカーをどのような時間帯に出すのか

ケータリングカーにおいて、商売が繁盛するために必要はことは様々ですが、その中の1つとしてどのような時間帯にお店を出すのかということがあるかもしれません。つまりあまり長い時間ずっとお店を出し続けてもお客が来ないとだめなわけで効率よく稼ぐとなると時間帯を絞ってよりお客が入りやすい時間帯を選ぶことができるかもしれません。

例えばたこ焼きやクレープ、ケバブといったものの場合には、どちらかというと午後に食べたいと思うものかもしれませんので、午前中からお店を出してもあまり人が入らない可能性があります。そうであれば午後の時間にお店を出すようにして、午後から夕方までという感じができるかもしれません。またこうしたものはメインの食事ではないので小腹がすいたときに食べたくなるようなものですので、そうしたことを考えると夕食前が一番売れやすい可能性があります。

1度いろいろな時間帯を試してみることもできます。思い込みということもありますので、午前にお店を出してみたり、夜までお店をやってみたりと試行錯誤していくのです。そのうちにどの時間帯がベストなのかということが自然と見えてくるのであり、その時間に集中していくことができるかもしれません。

そしてその時間にできるだけ多くのお客さんに来てもらうために、ちょっとした目立つものを置いてみたり、音楽を流してみることさえできるかもしれません。お客はこの時間になるといつもここにお店が開かれるということを認識するようになり、リピートしてくれる可能性が高まります。逆にお店を出したり出さなかったりという気まぐれでは、地域の人たちはなかなか覚えてくれないかもしれないのです。

ケータリングカーでの仕事はとても楽しいものですが、売り上げがあってこそのものなのでどのような時間帯に出すのが最善かということを考えていくことができれば、ケータリングカーでの仕事は軌道に乗っていくことができ、安定感のある仕事になっていきます。

ケータリングカーとほかほかの食事

多くの方々は、食事の温度に対するこだわりを持っています。なぜなら温度により、食事の美味しさも変わってくるからです。
いつの頃からか、ほかほかのお弁当が多くのお店で販売されるようになりました。あのお弁当には、味覚に関する魅力があります。温感があるお弁当は、とても美味しく感じるものです。
その温感により、あのお弁当は大好評でした。今でもその評判が継続していて、多くのお店ではそのお弁当を販売しています。

つまり、多くの方々はほかほかの食事を好んでいる傾向がある訳です。そして、それはケータリングカーの魅力の1つでもあります。
ケータリングカーで購入する食事は、大抵その場で調理される事になります。作り置きをしている食事が差し出される訳ではなく、あくまでもその車のドライバーが調理をしていますので、ほかほかの食事が差し出される訳です。

そして前述のように多くの方々は、食事の温度に対するこだわりを持っています。できるだけほかほかの食事を食べたいと思う方々も多い訳ですが、ケータリングカーではそれを購入できる訳です。
そして、それが車上販売の強みの1つでもあります。実店舗での食事などは、必ずしもほかほかになっているとは限りません。調理をしてから時間が経過していますので、お弁当によっては冷めてしまっている事もあります。それでは余り味覚を満喫できないので、購入者としては物足りない気持ちになっている事もある訳です。

ところがケータリングカーの場合は、たいていは温度が高い食事が差し出される事になります。それで良い味覚を満喫できるのが、そこで購入できる食事の魅力の1つと言えるでしょう。
また、それは販売者に対するメリットの1つでもあります。販売者側としては、できるだけ美味しい食事を多くの方々に提供したいと考えているものです。ほかほかの食事は多くの方々から好評なので、それだけ顧客満足度も高まる傾向があります。それで人々から良い評判を得られるのも、ケータリングカーのメリットの1つと言えるでしょう。

イベント屋台で活躍するケータリングカー

ケータリングカーは日頃の移動販売やイベントの屋台などで見ることがあたり前になってきました。
特にイベントの屋台ではお祭り気分のお客さんの心にキッチンカーのカラフルさ、楽しさがマッチしているのだと思います。
今回はそんなイベントの現場で活躍するケータリングカーについてご紹介したいと思います。

■イベント屋台で活躍するキッチンカー
最近はイベントのスペースに設置型の屋台で営業することが大変になってきました。
設置型の屋台を出すお店はイベントで出店するたびに営業許可を保健所に申請する必要があり、その度に衛生面の厳しいチェックを受けなければいけないからです。
実際に毎回設備を設置する必要があるので衛生面を考えるとこれ自体も致し方ないといえます。

そんな中でキッチンカーが登場して一気に環境が変わりました。
キッチンカーは車の中に調理設備とシンクなどを全部一体化して搭載しています。
衛生面でも管理しやすいので保健所での審査もシンプルなのです。
そしてこういった衛生面の良さから営業許可が車単位で出来てしまうのです。
車そのものがお店なので当然といえば当然ですよね

そして車の営業許可を都内の保健所に申請すれば東京都のどこでも移動して営業が出来ます。
もちろん都内のイベントであれば自由に営業をすることが出来ます。
(東京都の外で営業する場合はその土地での申請が別途必要)
普段移動販売をしている方も、イベント運営者に申しこめば屋台スペースで営業できるので売り上げアップにはこういったイベントに参加することをおすすめします。

■工夫しだいで大量のお客さんを呼びこむことが出来る
移動販売は意外と待ち時間のあるお店が多いと思います。
イベント屋台で一見美味しそうと思っても、あまりに長い行列ができていると「美味しそうだけどこんなに並ぶほどのものではないな」と思われてしまうのも事実です。

こういう時に回転が速いメニューを持っているお店は強みを発揮できます。
例えば普段の移動販売では丁寧に1から作っている商品もイベントの時だけは大量に仕込みをして土台だけは作っておき、仕上げだけをその場でするように変えます。
味としては少し落ちるかもしれませんが、1人でも多く自分の料理を食べてもらうことも大事です。

そしてそのイベントで「美味しい」と思ってくれたらそのケータリングカーに普通の販売時にもう一度来てくれる可能性も出てきます。
イベント屋台の場はこういった宣伝の場でもあるのでその機会を有効に使いましょう。

いかがでしょうか。
イベントでの屋台は普段移動販売だけをしている人にもメリットがあります。
ぜひ参加してみることをおすすめします。

お祭りや縁日でケータリングカーが活躍中!

屋台や縁日といえば、いわゆる露店がありますね。昔よく行ったお祭りでは、必ず露店がたくさん並んでいて、べっ甲あめや焼きそば、たこ焼きなどを売っていました。最近でも露店を見かけることが少なくないのですが、やはり昔に比べて減少傾向にあります。

なぜなら、保健所の取締が以前よりも強化されて、気軽に始めづらくなってきているのです。衛生管理は消費者を守るためには、大事なことですので当たり前かもしれません。ただ露店がまったくなくなってしまったら、やはりさみしいですよね。お祭りに行っても、美味しい食べものが売っていなかったら、楽しさが半減するのではないでしょうか。

この露店業の代わりとなるのが、実はケータリングカーによる飲食の販売なのです。ケータリングカーのほうが、保健所など国への届け出の手続きが面倒でなく、スムーズに開業できる特徴があるのです。移動式販売の場合、開業届けを出してから5年間有効期限がありますので、はるかに手間が省けるのです。その分気軽の始められるのでしょう。

しかも最近は、お祭りや縁日向けのケータリングカー、が用意されていているところもあるのです。近所の町内会や学校の行事、イベントなどでは、移動式販売があると盛り上がることがあります。派手なカラーでお出迎えするので、テンションも高まるかもしれないですね。

メニューも豊富で、たこ焼きや焼きそば、焼き鳥、べっこう飴など、お祭りにふさわしいメニューがたくさんあります。自分たちだけで作るのはちょっと大変・・というときは、このようなケータリングカーを依頼するという方法もあるのです。その分費用が出ますが、便利が一番ですね。

こういったように、露店の代わり役として、移動型販売車の活躍がどんどんでてきています。手間が省けて使いやすいメリットがありましし、設置や片付けが楽という魅力もついてくるのです。縁日やお祭りの企画を考えている人はぜひ選択肢のひとつに入れてくださいね。

ケータリングカーはどこで必要とされている?

最近はさまざまなシチュエーションでケータリングカーを見る機会が増えました、ケータリングカーは、移動式販売車で、普段は何もない場所なのに、イベントなので、軽食を食べることができる便利な車なのです。いったいどのような場で必要とされているのでしょう。

よく見かけるのは、ホームセンターや大型ショッピングセンターの入口にあるケータリングカーではないでしょうか。ドーナツ屋さんや、焼き芋屋さんといったように、家ではなかなか気軽に、できたてで食べることが少ないスィーツがあることが多いです。

やはりその場で実際に作るわけですから、まずいい匂いがあたりに充満します。焼きたてや、蒸したての香りに勝るものはなし!これがケータリングカーの醍醐味かも知れないですね。思わず財布の紐がゆるんで買ってしまう・・こんなことになるのです。孫にせがまれて買うおじいさんやおばあさんの姿を、見かけることがありますね。

またケータリングカーが大活躍するといえば、野外でおこなわれる大規模なイベント会場ではないでしょうか。最近はさまざまな分野で、野外の音楽フェスや野外フェスが人気を呼んでいます。毎年訪れるという常連さんもいるくらい、野外イベントは盛り上がっているのです。

そんな郊外イベントに行く人の胃袋を満足させるのが、ケータリングカーの食事たちなのです。麺類やハンバーガー、軽食などさまざまな種類のグルメが立ち並び、大繁盛となるのです。野外イベントの話題のひとつとして、移動型販売車が活躍することもあります。

さらに、企業が仕掛ける食のイベントなどで、大型のケータリングカーが使われることが多くなりました。食の祭典など大規模な会場で本格的な料理を食べられるようになってきています。移動型販売車のなかの設備のレベルがどんどん上がっているのです。

このように、さまざまな場所でケータリングカーを見かけるようになりました。小さい車から大型のものまで幅広く活躍しているのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ